意外にもビジネス書 ”バッタを倒しにアフリカへ” 感想・レビュー

スポンサーリンク

 

皆さん、この本をご存知ですか?

 

もしかしたら、本屋によく行く人は

どっかで見かけたことはあるかもしれませんね。

 

色んな本屋をぶらついて歩いていると、

何故かどこの本屋にも店頭に置かれていたこの本。

 

 気になったので買って読んじゃいました!

 

 

早速、感想とレビューを書いていきたいと思います。

ちなみにこれが読書感想文のルール。

 

  • 大まかなストーリーや見どころを紹介
  • 極力、ネタバレはしない
  • どんな人に読んで欲しいか
  • 感想を書くのは面白かった本のみ

 

”バッタを倒しにアフリカへ”とは?

 

”バッタを倒しにアフリカへ”の大まかなストーリーはこちら。

 

バッタ博士である著者の”前野ウルド浩太郎博士”が

バッタの被害を食い止めるためにアフリカのモーリタニアに単身乗り込むお話。

 

 

  • 研究資金が少ない
  • バッタの被害というのが日本人には理解できない
  • バッタの発生時期のタイミング
  • 研究所の職員に給料はぼったくられる
  • 研究している虫が深夜に盗難にあう
  • 命がけのフィールドワーク

 

 ここに紹介したのはたったの一部ですが

バッタ博士は色んな困難にぶち当たっていきます。

 

それでも、「ファーブルみたいな昆虫学者になりたい」

という想いだけで命を懸けて色んな困難に立ち向かいます。

 

そんな困難に立ち向かい続ける”バッタ博士”の勇姿が書かれているのがこの本。

 

 

感想・レビュー

 

「昆虫の研究の本なんでしょ?面白いの?」

「生物とかよく分からんし、分からんかったら読むのやめよ」

なんていう風に読む前は思っていました。

 

ところが読み始めてみると驚きの連続!

 

”バッタを倒しにアフリカへ”は昆虫に焦点が当てられてる訳ではありません。

果敢に困難に挑んで行く”バッタ博士”のストーリーでした。

 

気づけば一日で全て読み終わっていました。

 

  • ワクワクの冒険心
  • ウルっとさせる感動シーン
  • ほっこりする動物シーン

 

全部詰まってます!

本当に”バッタを倒しにアフリカへ”を読んでよかったです。

 

”バッタ博士”の困難に立ち向かう勇姿に自分も勇気付けられました。

 

こんな人にも読んでほしい

 

  • 大学で博士を目指してる人
  • 昆虫が大好きな人
  • 挑戦したいことがあるが躊躇ってる人

 

当てまはる人には是非読んで欲しいと思います。

 

大学で博士を目指してる人

 

バッタ博士の経験だけでなく

大学の博士になるための現状なんかも書かれていてとても面白かったです。

 

俺としては全然違う分野の世界なので、へーー!!!の連続でした。

f:id:um9-0213-0303:20171112225539j:plain

 

 

昆虫が大好きな人

 

昆虫が大好きな人は言わなくても大丈夫でしょうね。

バッタについてももちろん書かれているので興味がそそられること間違いなし。

f:id:um9-0213-0303:20171112225554j:plain

 

 

挑戦したいことがあるが躊躇ってる人

 

躊躇ってる人にとって、バッタ博士の

 『自分の信念に基づいて、ゴールの見えない困難に立ち向かっていく姿』

 にはとても勇気付けられる本になるのではないでしょうか!

 

 まとめ

 

最初は完全にタイトルと見た目だけで買った本だったのですが

予想の完全の斜め上を行くおもしろさ!

 

バッタ博士のこれからも応援したくなりました。

ブログで、自分自身のことを発信されてるみたいです!

 

 

 面白そう!って想う人は是非読んでみて欲しい一冊です。