ペットボトル大量発生事件簿

スポンサーリンク

 

お盆の時期になると、

本当に色んな話を思い出してしまいます。

 

 

お盆になると

お寺は大忙しなんですよ。

 

f:id:um9-0213-0303:20170729005317p:plain

 

僕も半人前ですが

お盆の時期だけは駆り出されます。

 

 

あなたも想像できるあの黒い服を着て

色んな人の家にお経を読みに行きます。

 

f:id:um9-0213-0303:20170729005329p:plain

 

そんな去年のお盆です。

 

 

毎年のようにお経を

読みに行くことになりました。

 

 

※ちなみにスクーターに乗っているお坊さんを

 よく街中で見かけることがあるかもしれませんが

 僕は『電動自転車派』です。

  (坂があるので普通の自転車なら死にます

 

f:id:um9-0213-0303:20170729005351p:plain

 

 

そして、

お経を読みに行く前日の夜

テレビを見ながら準備してたのですが

 

 

あるテレビ番組の内容が

お坊さんの本音聞いてみましょう!

そんな感じのものだったんです。

 

f:id:um9-0213-0303:20170729005412p:plain

 

テレビの中で

司会者がお坊さんに質問をします。

 

 

司会「お盆ってぶっちゃけ大変ですか?

 

 

お坊さん「いやー大変ですねー

 

 

司会「家にお経を読みに行く時

   『これが大変』というのはありますか?」

 

 

お坊さん「お茶を毎回コップで出されると大変なんです!

     すぐトイレに行きたくなっちゃうんで。

     ペットボトルだと嬉しいですねー!

     はっはっはー(笑)」

 

 

そんなテレビ番組の内容でした。

 

 

僕「あー分かる分かるー

 

f:id:um9-0213-0303:20170729005433p:plain

 

なんて思いながら見てました。

 

 

まさかこのテレビ番組が

とてつもない効果を持っていたとは

この時の僕は全然気づいていませんでした。

 

 

次の日、

「行ってきまーす」と

お参り(家行ってお経読むやつ)に出発した僕です。

 

 

1軒目のお経が終わると

おばちゃんは

「暑いのにごくろーさん!ほれ、これ持っていき!」

 

 

と手渡されたのが『おーい、お茶(500ml)

 

f:id:um9-0213-0303:20170729005500p:plain

 

2軒目のお経が終わると

おじちゃんが

「今年も暑いな!お互い熱中症には気をつけよ」

 

 

と手渡されたのが『爽健美茶(500ml)

 

f:id:um9-0213-0303:20170729005513p:plain

 

3軒目のお経が終わると

おっちゃんが

「毎年ありがとうな!お父さんも楽できるな!」

 

 

と手渡されたのは『オロナミンC(120ml)×2本

 

f:id:um9-0213-0303:20170729005527p:plain

 

4軒目ではもう覚悟が決まってました。

 

 

伊右衛門濃いめ(350ml)

 

 

10件の家にお経を読んできた帰り道。

僕の自転車のカゴ

大量のペットボトルでいっぱいでした。

 

 

いつもはみんなお経が終わると

コップでお茶を出してくれる方ばかりだったのですが

 

 

今年は見事なまでの『ペットボトル

 

f:id:um9-0213-0303:20170729005600p:plain

 

 

しかも何故かお茶の銘柄が被らない奇跡

 

 

「あぁ、お盆休みだから

 みんな昨日の夜テレビ見てたんだなー」

 

 

テレビ番組の宣伝力の凄さを思い知った夏でした。

 

 

おしまい。。。